「うざい」と英語で言いたいけど頭が真っ白になった時の対処法

tukaerueigo-study-tip-31

英語で会話中に、ぱっと思い浮かんだ言葉。
英語なら何て言うんだろう…と考えれば考える程、頭が真っ白になる。
会話が完全に途切れてしまい、何となく気まずい雰囲気が流れる。

思考がフリーズして会話が先に進まなくなってしまう状態です。

こんな時、みなさんはどうしていますか?

私は通訳の仕事をしていますが、会話の時間のずれをなるべく短く、スムーズに進行させることが求められます。

瞬時に対訳が見つからない時は、とにかく自分の知る語彙を駆使して説明できるスキルがとても大切です。

そのステップなんですが、例えば、日本語の「うざい」が頭に浮かんだけど、英語がすぐに思いつかないときを考えてみます。

 

1. まず「うざい」とはどんな意味か、どうして「うざい」と感じるのかを連想してみる。

  • 誰かにイライラさせられている
  • 相手がうるさいと思っている
  • だまっていて欲しいと思う
  • 迷惑だ
  • めんどくさい

2. 連想した感情を自分の知っている英単語で表現できるものはあるか考える。

あなたは You are…
うるさい Noisy
イライラ Irritating
だまって Stop talking/ shut up
迷惑だ  Annoying

など

3. 思い浮かんだ単語から文章を作ってみる。

  • You are noisy.
  • You are irritating me.
  • You are annoying.
  • Will you stop talking?
  • Shut up!

日本語一つとってみても、連想できる英語表現はたくさんあります。1から3までのステップが早ければ早い程いいのですが、この瞬発力を「鍛える」ことが英会話を上達させる最も大切な要素だと思います。

この思考プロセスは、日英通訳など、日本語ー英語でインプットとアウトプットを要する場合におきますが、英語だけでの会話なら、日本語を一切意識せずに話せるようになることを目標にしましょう。

始めは日本語を英語に置き換えるかたちでもいいので、英会話における瞬発力、柔軟性を少しずつ磨いていってくださいね。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Opt In Image
Habit Makes Perfect宣言
英語上達のヒントは「習慣化」にあり

英語学習を「頑張る」時代は終わった!?英語好きバイリンガルのお墨付き英語学習法が満載です。是非この機会に使える英語.COMオリジナルレポート「Habit Makes Perfectー英語は頑張らないで習慣化」をご利用ください!

 

【使える英語ドットコム】はお客様の個人情報の保護を最優先に考えています。営利目的で第三者に提供されることは一切ありませんのでご安心ください。

なお、登録いただいたメールアドレスに、当サイトの最新情報をお伝えするメールマガジン【使える英語通信】をご案内しています。(*いつでも配信停止ができます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NowNow
    • 2016年 7月 17日

    メルマガ拝見してます。
    いつもありがとうございます。

    今までの自分は
    うざい→そのままズバリの表現(学んだテキスト)を記憶の中で探す→当然ないので、頭の中は真っ白→凹む
    そして、毎日ズバリの表現を仕入れるために調べる、学ぶ。
    今回学んだ事
    うざい→日本語でイメージ・表現をつかむ→英訳→文章にする
    このトレーニングは大切にしますね。
    ここで不安なんですが、文章にする→正しい英語になっているのか?をどうやって確認するか、です。
    レベルが低いですね。何とか工夫します。
    ありがとうございます。

      • tomoko
      • 2016年 7月 18日

      コメントありがとうございます。どうやって確認するかは、ネイティブスピーカーとの会話を通して学ぶことが一番です。
      ネイティブスピーカーが、どんな状況のときにどんな表現を使っているかを実際の会話から「盗んで」「まねる」てみることが基本だと思います。
      そのフィードバックなしでは英語は上達しないと思います。

      また、単語の量を日々増やすことも必要です。当たり前ですが、知っている言葉が多ければ多いほど、わからない単語があっても他の言葉や表現でカバーできるようになります。
      あとは瞬発力の訓練ですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
EmailEmail
PrintPrint