英語学習に2,200時間も費やせない人へー時間がないと嘆く前に

アメリカのある統計によると、日本人が英語を習得するのに2,200時間、年数にすると1.69年(88週間)の月日を要するそうです。統計が定義するLanguage Proficiencyのレベルがどの程度なのかは曖昧ですが、中学校、高校の英語の授業時間数は900時間あまり。受験英語に焦点を当てた授業も含まれますから、トータルの英語学習時間数は圧倒的に不足しています。

授業をまじめに受けてきたとしても、自分の英語に自信を持っている人はそれほど多くありません。特にスピーキングの授業は圧倒的に少ない傾向にあります。読み書きができたとしても、海外旅行にでかけたとき、本場の英語のスピードやアクセントについていけなくて困る人が多くいます。

学習の質もさることながら、英語にふれる時間数が多くなければ思うように上達していきません。机に向かうことだけが勉強ではなく、積極的に自分の生活に取り入れる工夫が大切です。

例えば、NHKのニュースを英語で聞いてみる、ATMを英語に言語変換してやってみる(間違わないように気をつけながら!)、英語で表記されているパンフレット等は、日本語と照らし合わせて読んでみる、などです。

日常生活の中で、英語で言いたい言葉や表現を考えながら生活すると、語彙力が確実に伸びます。私がカナダで社内通訳の仕事をしていたとき、練習として、頭のなかで日本語から英語、英語から日本語と置き換えていく癖をつけました。目の前にあるもの、耳にしたもの、食べているもの、頭の中に浮かんでいることについて、「今通訳を求められたら、どう相手に伝える?」と考えました。分からなければすぐ調べるようにしました。

時間が無いと嘆く前に、ちょっとした工夫を生活に加えることが上達への近道になるのではないかと思います。

 

英語を効率よく学びたい人はこのレポートをご覧ください。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
EmailEmail
PrintPrint