マルタのゴキブリには慣れろ

マルタ-ゴキブリ

マルタ生活のなかで誰もが直面する「試練」はゴキブリとの共存です。マルタに滞在すると決めたら、ゴキブリとの接触を避けて通ることができません。

ゴキブリの繁殖時期は夏場の7月から9月まで。雨が一滴も降らず、暑くて埃っぽい日々が続く時期です。

マルタで見かけるゴキブリは日本のと比べて大きく、平均5-7cmほどのサイズです。動きは鈍いですが時々飛びます。地下から伸びる排水溝をつたって道路上に這い上がるゴキブリを見かけるのは日常茶飯事。屋外での食事中に足下に近づいてくるゴキブリを、マルタ人は平気な顔で踏みつぶします。

私も家のゴキブリに悩まされている一人です。私はゴキブリがとてつもなく苦手でしたが、昨年の夏は10匹以上も退治しなければなりませんでした。そのほとんどは既に死んでいるかじっとして動かないゴキブリでしたが、一度飛びかかってきたのもあって泣きそうになりました。

マルタのスーパーに行くと、いろんな種類の殺虫剤が販売されています。市販ものを常備する他に、害虫駆除をする専門会社に依頼すると、数ヶ月間効力のある薬を散布してくれます。家の周りの排水溝を中心に、キッチンまわりやトイレ付近などを集中してスプレーします。これをするだけでもだいぶ違います。

幸いなことに、ゴキブリ集中期間は長くは続きません。秋を告げる雨が降ると同時にゴキブリも激減します。農家の人たちとは違った理由ですが、私もそんなことからマルタの夏が早く終わって欲しいと待ち望む一人です。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
EmailEmail
PrintPrint