ジャパレスのお仕事って実際どうなの?

ワーキングホリデーを計画しているみなさんは、現地でできるアルバイトが一番気になるところなのではないかと思います。私が海外に住んでいて出会う学生さんの多くは、はやり日本に関連したサービス業やお店でアルバイトをしています。その中でも一番多いのは、日本食レストラン、いわゆる「ジャパレス」でのお仕事です。

私もカナダ在住時に、日本食レストラン・食品店・旅行店の経営をする会社の事務と、レストランでのフロント業務を経験したことがあります。レストランで働くワーホリの人たちにも沢山出会いました。

きっかけには個人差がありましたが、大半の人は

  • 収入源の確保
  • ジャパレスへの就職が他と比べて容易だから

という理由で入社してきました。

しかしながら、あまり安易な考えでは、本人も雇った会社側も後悔することになりかねません。

今回は、日本人が海外で働く際に関わるチャンスが最も高い、ジャパレスでの仕事について紹介します。私が経験した事務、フロントスタッフ業務や、そこで出会った日本人の滞在スタイルや様子を参考にして、ジャパレスでのお仕事を検討する前に知っておきたいポイントを下記に述べたいと思います。

バイトとプライベートを両立させる難しさ

レストランでバイトを経験した人はおわかりだと思いますが、レストラン業のシフトは不定期で、週末、祝日出勤は必須です。閉店時間まで働いた場合、シフト後に同僚と飲みに行ったりなどして、帰宅は午前1−2時というサイクルを繰り返している人もいます。そうなると、現地でできた友達と休日に遊びに行く機会が減り、バイト先での同僚と飲みに行くだけの海外生活を送ってしまう状況が生まれます。シフトを入れすぎてバイト浸りにならないよう、プライベートの生活をしっかり確保する必要があります。

日本食レストランならではの風習や厳しさがあること

和食に長年携わってきた現地の経営者や板前さんは、海外でレストランを営む厳しさを熟知しています。日本で修行を積んできた本格的な寿司職人は、その技術やこだわりを海外に持ち込み、日本と変わらないサービスを提供しようとします。よって、店によって差はあるものの、本場の板前さんや経営者は生半可な感覚で経営していません。バイトにも求めるものは大きいですし、日本ならではの上下関係、マナーや厳しさがあります。軽い気持で就職すると痛い目にあうかも?

ジャパレスで英語が学べないというのは噓

ジャパレスで働くと日本語ばかりで英語が上達しないという人がいますが、それはその人の学びの姿勢が悪かったのではないかと思います。ジャパレスとはいえ、お客さんとの会話の大半は英語(英語圏の場合)ですし、日本人以外のスタッフとは英語で意思疎通を図らなければなりません。

ウエイターは、メニューの詳細を英語で説明し、上手にアドバイスをしながらオーダーを取らなければなりません。フロントスタッフは予約を間違いなくとり、電話での問い合わせや苦情にもしっかり受け答えができる英語力が必要です。キッチンでは直接お客さんと会話をする機会は少ないかもしれませんが、大量に入ってくるオーダーを的確に処理するために、素早いコミュニケーションが求められます。

職種に関わらず、仕事から得られる学びは大きいものがあります。どれだけ積極的に英語を使って吸収していくかは、その人次第なのではないかと思います。ウエイターをしていても、お客さんと最低限の会話しかしないか、それとも楽しく夕食をしてもらう為にすすんでコミュニケーションを図るかは、その人の学びに対する積極性に比例しています。

チップの受け取り額はレストランによって異なる

海外、特に北米では10〜20%のチップを支払う習慣があり、レストランスタッフの収入の多くはチップにてまかなわれます。通常のレストランは、テーブル席を担当するウエイターがチップを100%受け取っているようですが、ジャパレスでは、レストランスタッフ全体でシェアをする場合が多い傾向にあります。

その比率やルールはさまざまだと思いますので一概には言えませんが、バイト代の総額を考えると、チップの分割率によってかなりの差があります。面接時におもむろにチップについて訊ねるのはもちろんタブーですが、それぞれの社内ルールがあることは覚えておきましょう。

まかない料理を出してくれるジャパレスもある

ジャパレスの中には、残った食材を使ってまかない料理を出してくれるところがあります。海外で一人暮らしをする日本人にとってはとてもありがたいこと。海外生活が長くなると馴染みのある日本食が恋しくなりますし、食費もセーブできます。まかないを食べながら他のスタッフと交友を深め、自分にとって仕事をし易い環境作りを心がけるといいと思います。仕事を越えた付き合いができると、海外生活もより充実していくのではないでしょうか。

 

もしジャパレスでお仕事をされた方がいましたら、ぜひ体験談をシェアしてください!コメントをお待ちしています。

 

参考までに…

アルバイト募集の多いジャパレスのお仕事

  • サーバー(ウエイター、ウエイトレス)

  • キッチンスタッフ (シェフアシスタント、バスボーイ・皿洗い)

  • フロントスタッフ (予約管理、電話受付、会計管理を含む場合も有)

オフィススタッフ、フロアーマネージャーやシェフの仕事もあるが、就労ビザ取得者や移民として現地に住む人が就いている場合が多い。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Opt In Image
海外留学・ワーホリをバックアップ!
カウンセラーも教えてくれない「成功する留学プランの立て方」

今すぐにでも海外に飛び出したくてうずうずしているみなさん!海外留学を成功させるには、しっかりとしたプランと心構えが大切です。元留学カウンセラー/大学留学の経験から学んだ成功のヒントが盛りだくさんのレポートです。ぜひこの機会にご覧下さい。

 

【使える英語ドットコム】はお客様の個人情報の保護を最優先に考えています。営利目的で第三者に提供されることは一切ありませんのでご安心ください。

なお、登録いただいたメールアドレスに、当サイトの最新情報をお伝えするメールマガジン【使える英語通信】をご案内しています。(*いつでも配信停止ができます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
EmailEmail
PrintPrint